【国産仮想通貨】ベーシックインカムの原理を利用する「FRIGG and DELPHIS」について

どうも、ゴックスです。(@GOX_AGAIN

この記事では、国産仮想通貨「FRIGG and DELPHIS」について解説しています。

公式Discord

FRIGG and DELPHISとは?

フリッグは、フリッグを保有する方【全て】に定期的な暗号通貨の配布を実現する、ベーシックインカムの原理を基に考えられたプロジェクトです。

フリッグのサブトークンである「デルフィス」は定期的に配布され、将来的に独自のマーケットプレイスや店舗での決済サービス、コミュニティの活性化の為の投げ銭等として使用されます。

出典:公式サイト

まとめると、FRIGGという仮想通貨を持っていると、デルフィスという仮想通貨がもらえて、これでいろいろできるようになるよ!ということです。

フリッグの計画

フリッグは、ベーシックインカムの考えを基に応用して作られた、全ての人々のためのコインです。

フリッグ保有者に対して月に1回、フリッグ保有枚数と同数のサブトークン「デルフィス」の配布を行います。

加えて一定条件下、定期的に運営の利益を還元しメジャーコインによる配当を実施。

15年以上の長期的なデルフィスによるベーシックインカムをフリッグ保持者に配布。

また定期的なフリッグ・デルフィスの配布を通じて、様々なコミュニティとリンクを取り、暗号通貨市場の活性化の為に使用する目的があります。

現在フリッグを受け取る為には、IndieSquare Wallet のアプリが必要です。今後外部取引所の上場を予定しています。

デルフィスの配布は今後長期間に渡り、定期的に続くものです。

デルフィスの配布により、安定した暗号通貨による収入を実現させることがフリッグプロジェクトの主たる活動になります。

出典:公式サイト

フリッグを持っている人には、月1回の配当が行われます。

15年以上持っていれば、良いコインももらえるとのこと。

仮想通貨で15年先まで見ている仮想通貨はおそらくフリッグだけだと思います。

ベーシックインカムとは?

ベーシックインカムとは全ての参加者に無償で一定の額の金額を配布する社会保障の1つです。

既存の紙幣及び制度では、政府による財源の確保が難しく実現できておりません。

しかし、暗号通貨であれば、発行コスト、配布コストを含め驚くべきコストで実行することが可能です。

フリッグはフリッグの保持者に無償の暗号通貨による供給を行うことで、一定額のデータ資産による収入を維持することが出来ます。

インターネットの普及はその世界の中に価値を生じさせる事が可能になりました。しかし、その価値の恩恵を実際の所得として受け取れる方はごくわずかです。

インターネット上の価値をできる限り平等に配布し、所得にする事で新しい価値の創造に繋げます。

今日貧富の差が広がり、裕福層と貧困層の差が如実になってきています。貧困に苦しむ或いは、貧富の差を感じる人々は、日々最低限の生きるための努力をする事に人生の大半の時間を使用しています。

フリッグは暗号通貨の定期的な供給を行いそれを資産にする事できます。それによりもっと多くの人が一人一人の人生の時間、ゆとりを持ち、有効に活用する事が出来ます。

出典:公式サイト

ベーシックインカムというのは、国や政府がある一定の金額のお金を定期的に配る制度です。

最低限生活出来る金額が配られれば、生活のために働く必要がなくなります。

しかし、現在ではヨーロッパの一部の国で実験的に行われているというだけで、ほとんどの国はできたらいいねという感じです。

こうして、生活するために多くの人がヘトヘトになるまで働いているのが現状となっています。

フリッグでは、未来で行われるであろうベーシックインカムを先行してやっていきます。

フリッグを手に入れる方法

フリッグを手に入れる方法は、抽選やある一定の条件を満たすなどの方法だけです。

フリッグでは、トークンの販売が予定されているので、そこで買うという方法もあります。

詳しい方法については、ディスコードで見たほういいです。

質問などもできるのでぜひ参加してみてください。

公式ディスコード


Ginco

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
仮想通貨ならビットバンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。