【ICO・仮想通貨】FountainConnect(ファウンテンコネクト)の続報・最新情報






どうも、ゴックスだ。(@GOX_AGAIN

今回は、ICOのFountainConnect(ファウンテンコネクト)の続報・最新情報について解説する。

ICOステージ1について

今回のICOでは、すでにステージ1が終了していて、次回が3月1日から始まる。

すでに、ステージ1では10億円(964万ドル)を超える金額を調達している。

ステージは3つあり、この後の2つのステージでも多くの金額が集まると予想される。

このプロジェクトについて

このICOのプロジェクトは、以前書いた記事にだいたいのことは書いてあるので、まだ知らない方はそちらを参照して欲しい。

【ICO・仮想通貨】FountainConnect(ファウンテンコネクト)ブロックチェーンの技術で寄付の透明性を確立

このプロジェクトは、寄付の問題を解決するものとなっている。

寄付金の使用方法や流れを明確にし、不正使用をなくして正しく使うためにできている。

有名な慈善団体の関わっているような支援の世界の中では、活動が自分たちの注目を集められるかどうか、自分たちの影響力を高める事ができるのかが優先で、活動を盾に不正がはびこり、幹部の私利私欲が渦巻いている現状が残念ながら存在する。

つまり、支援を必要としている人たちに支援が届かず、不正や賄賂に寄付金が消えていく問題がそこにはある。

これまでの支援の問題点は、お金を寄付するだけであり、使用用途が分からなかったこである。

例えば、寄付金が支援団体の運営資金に使われてしまって、支援金が現地に正しく届くことがなかったり、慈善団体の幹部による着服、横領などにより、集めた寄付金の使用用途が不透明なのが現状だ。

しかし、Fountain Connectでは、支援者がプロジェクトの企画者の活動を監視をすることで、寄付金の使用用途と進行状況を透明化し、寄付後も見守ることで支援に参加できる仕組みになっている。

この仕組みによって、お金を寄付するだけでは終わらずに支援者がプロジェクトの進行状況を監視し、「支援を必要としている人に支援を届ける」ということを、実現することができるのだ。

このように、Fountain Connectが実現することで、支援がより身近になり、よく多くの支援を必要としている人を救うことが可能になる。

Fountain Connectの仕組みが実現することで世界中の支援活動がFountain Connectのプラットフォームに集まり、支援がより身近かなものになると予想される。

日本を例にすると、東日本大震災、熊本地震などの被災された惨状をテレビなどで見て、現地のボランティアには行けないが、自分のできる範囲での支援金を送りたいだけど、どの団体に寄付金を送れば正しく支援金を使ってもらえるのかわからないと、困ったことはないだろうか?

このようなわかりづらく、不透明な寄付の現状をFountain Connectが変える。

Fountain Connectが実現することで、寄付したくなる企画へ寄付することができ、
あなたの支援が必要としている方へしっかりと届く素晴らしい仕組みが誕生します。

また、Fountain Connectの活動については、社会貢献団体より提携の話が増えている。

実際、かなり大きな慈善団体からもお声がかかっており、このプロジェクトに協力する人が増えると予想される。

Fountain Connectは、多数の世界中のNPO、NGOなどの社会貢献団体と提携が進むことで、従来のICOのように閉鎖的なものではなく、社会貢献という幅広い宗教感、倫理観、習慣のもと強固でオープンなものになっていきます。

つまり、強固な応援コミュニティに後押しされ、世界中の社会貢献団体のバックアップのもと、世界中の支援活動がFountain Connectのプラットフォームに集まり、FTCトークンの需要も高まり、価値も上がっていくため、プロジェクト実現への高い注目を頂いております。

追加の情報としては、このプロジェクトの代表のメッセージがあるので、こちらのほうも参照していただきたい。

https://crypto-click.com/fountain-connect/meetup/ja/

このICOはすでに2018年9月に上場が決定している。

上場先の取引所については、まだわかっていないが、わかりしだい記事に追加することにする。

このプロジェクトの将来性

プロジェクトとしては、長期的なものとなっているので、早く結果を出すというものではないので、長い目で見る必要がある。

現在の仮想通貨では、買えば10倍100倍になり稼げるというものは少なくなりつつある。

それに加えて、どのような趣旨でできたコインなのか?

どのような活動をするのかが大きく重要になってきている。

目的のないただ作られたコインには価値は付かない。

なので、これからの仮想通貨では、どのような目的で、どのような問題を解決するためにICOをしているのかをよく知る必要がある。

なので、しっかりとした目的を持つプロジェクトに投資することが今後重要になっていく。

それに、加えてプロジェクトの進行も重要になる。

今回のプロジェクトのように、長期的なものとなるICOが今後、メインになってくると予想している。

つまり、早く結果を出して、大きく価値を上げるものは少なくなっていくということだ。

なので、このプロジェクトの内容を理解し、長期的な視点でみれる方に参加してもらいたいと思う。

参加方法については以前の記事に書いてあるので、そちらを参照していただきたい。

【ICO・仮想通貨】FountainConnect(ファウンテンコネクト)ブロックチェーンの技術で寄付の透明性を確立

エアドロップ

FountainConnectではエアドロップをやっていて、15ドル分もらえます。

FountainConnect公式サイト

リンクから飛ぶと英語なので、右上のタブから JAPANESE を選択すると日本語になります。

日本語にしたら、下にスクロールして、「ICOに参加する」をクリック。

メールアドレスを入力して、チェックを入れて、登録をクリック。

入力したメールアドレスにURLが届くのでそこから本登録を完了させてください。

URLをクリックして本登録へ。

①姓

②名

③生年月日 ※変更できないので正しいモノを入力してください。

④パスワード

⑤もう一度パスワード

そして、登録をクリック。

ログインして、トークン履歴を見ると、9ドル分の3トークン獲得です。

トップページから公式ラインを追加できます。

追加して、メッセージから申し込みフォームに移動。

登録に使ったメールアドレスを入力すれば完了です。

6ドル分獲得です。

ライン追加までやると15ドル分獲得です。

おすすめの取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーは俺も使っている取引所だ。

ビットフライヤーは日本でもっとも多くの人に利用されている取引所だ。

取引所のセキュリティ格付けランキングでは、世界で1位にもなった。

コインチェックのがばがばセキュリティよりもビットフライヤーのセキュリティは全然違う。

国内で仮想通貨を買うならビットフライヤーがおすすめだ。

ビットフライヤーに登録

ザイフも俺が使っている取引所で、ここも取引でおすすめできる。

ザイフでは、指し値で買えるのでその時のレートで買う必要がなくなる。

仮想通貨をやるなら登録しといたほうがいい。

Zaifに登録

bitbankはリップル、ライトコインなどの有望なコインを取り扱っている。

手数料もかなり安いため、最近トレーダーにも使われ始めている。

ここも登録しておいて損はない。

仮想通貨ならビットバンク

DMM Bitcoinでは、ビットコインとイーサリアムの現物取引ができ、最大の特徴は7種の仮想通貨でレバレッジ取引ができる。

レバレッジ取引は、持っている数を数倍にして取引することだ。

ハイリスクハイリターンだが、興味があれば登録しよう。

様々な手数料が0円!仮想通貨なら【DMM Bitcoin】

そして、海外の取引所ではBiboxがおすすめだ。

BiboxはバイナンスKucoinの次にくる取引所と予想される。

2つの取引所に似ているが、Biboxにしかない良いコインもある。

毎日のように新しいコインが上場している。

ぜひ、Biboxも使ってみて欲しい。

Biboxに登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。