【ICO・仮想通貨】LODE(ロード)の続報・最新情報




どうも、ゴックスだ。(@GOX_AGAIN

ICOのLODE(ロード)についての続報を書いていく。

LODEの続報

LODEでは、すでにプロテクションセールが行われている。

プロテクションセールとは、トークンを5万以上買う大口用に設定されたセールである。

2018年02月17日 18時52分現在で約4,097,368LDGほどすでに売れている。

日本円で4億3千万ほどのお金がすでに入ってきているというわけだ。

すでに15日からプロテクションセールが行われていて、このペースだとあと数日で完売する勢いとなっている。

仮想通貨市場では、最近ビットコインの急激な回復に伴って市場全体で勢いを取り戻しつつある状態となっている。

この状況を受けて、ICOのほうにも金が流れていると予想される。

すでにバブルが終わったと思われていた仮想通貨の市場は去年以上に盛り上がることが最近では多くの人によって予測されている。

今回のICOのLODEでも、今以上にいい状態になると思われる。

現在行われているのは大口用のセールであり、5万トークン以上の買いが最低条件となっている。

※すでに2018年2月19日午後23時現在、10,608,380LGDが販売されていて、目標の50%を越えている。

あと数日で完売する勢いになっている。

少額でも参加可能

現在のセールに参加するには日本円で500万円以上持っていなければ参加できないが、この後に行われる2期、3期のセールでは、数万、数千円で参加できるので、興味のある人はそちらのほうを検討していただきたい。

LODEのICOについて基本情報や購入方法はこちらの記事で紹介している↓

【ICO・仮想通貨】LODE(ロード)ブロックチェーンで安全に金の取引ネットワークを構築

追加情報

LODEでは追加情報として、ホワイトペーパーの音声解説とCEOインタビューページが新しく追加されました。

ホワイトペーパーの音声解説 ホワイトペーパー解説音声

CEOインタビューページ CEOインタビューページ

新しく追加された情報により、より一層LODEについての理解を深めることができます。

最後に

今回のICOのLODEでは、ブロックチェーンの技術を使い、金の取引をスムーズに、不正なく行うことを目的としている。

LODEの場合はプロジェクトの内容からして、短期的な結果を残すことは難しい。

なので、LODEを購入する場合、長期的な投資と考えたほうが妥当だろう。

おすすめの取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーは俺も使っている取引所だ。

ビットフライヤーは日本でもっとも多くの人に利用されている取引所だ。

取引所のセキュリティ格付けランキングでは、世界で1位にもなった。

コインチェックのがばがばセキュリティよりもビットフライヤーのセキュリティは全然違う。

国内で仮想通貨を買うならビットフライヤーがおすすめだ。

ビットフライヤーに登録

ザイフも俺が使っている取引所で、ここも取引でおすすめできる。

ザイフでは、指し値で買えるのでその時のレートで買う必要がなくなる。

仮想通貨をやるなら登録しといたほうがいい。

Zaifに登録

bitbankはリップル、ライトコインなどの有望なコインを取り扱っている。

手数料もかなり安いため、最近トレーダーにも使われ始めている。

ここも登録しておいて損はない。

仮想通貨ならビットバンク

そして、海外の取引所ではBiboxがおすすめだ。

BiboxはバイナンスKucoinの次にくる取引所と予想される。

2つの取引所に似ているが、Biboxにしかない良いコインもある。

毎日のように新しいコインが上場している。

ぜひ、Biboxも使ってみて欲しい。

Biboxに登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。