Litecoin(ライトコイン)がLitePay(ライトペイ)を発表!ハードフォークもあるかも!?

どうも、ゴックスだ。(@GOX_AGAIN

今回は2月4日に発表されたLitecoin(ライトコイン)のLitePay(ライトペイ)についての記事だ。

LitePayって何?

ライトコインを使って決済ができるサービスで、高トランザクションが可能で、手数料無料などの優位性がある。

また受け取ったライトコインはドルやユーロへの通貨に即時変換し、銀行に送金されるというものだ。

日本の場合だと、クレジットカード決済を導入すると、代金から約3%の決済手数料が発生する。

しかし、このLitePayならその費用が無料となるので導入する店側のメリットは非常に大きい。

なんて言ったって、手数料をかけずにオンライン決済できる。

LitePayの稼働は2月26日とアナウンスされていて、近いうちに使えるようになる。

これは、ブロックチェーンの技術ならではの方法だ。

これからの仮想通貨では、このようなブロックチェーンの技術を使ったものなど、実用的で普及するものが残っていくと考えられる。

ライトコインは価格上昇

このLitePayの発表で、全体的に下がり気味だった市場で、際立つ上昇を見せている。

このように、実用的なシステムや実際に使うことができるコインがこれからの仮想通貨で残るだろう。

つまり、草コインなどのどんなことに使えるのかわからず、大して使えない、特徴がないコインは塩漬けとなると予想される。

ライトコインのハードフォーク

ライトコインには近いうちにハードフォークがあるのではないかと噂されている。

ライトコインがハードフォークされた場合、ライトコインキャッシュ(LCC)が誕生するのではとの予測がなされている。

※ライトコインキャッシュはガセネタという情報もあるのであんまり気にしない方がいい。ライトコインを注目したほうがいい。

数ある有名な通貨のなかでも、ライトコインはこれからの仮想通貨で一層存在感を示すコインになるのではと期待している。

ライトコインを買える取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ライトコインを買うならビットフライヤーがおすすめだ。

ビットフライヤーは国内の仮想通貨取引所でも有名で、多くの人が利用していて、セキュリティ対策もしっかりしている。

国内の取引所で安心してライトコインを買えるのはビットフライヤーだ。

ビットフライヤーに登録

おすすめの取引所

ザイフも俺が使っている取引所で、ここも取引でおすすめできる。

ザイフでは、指し値で買えるのでその時のレートで買う必要がなくなる。

仮想通貨をやるなら登録しといたほうがいい。

Zaifに登録

bitbankはリップル、ライトコインなどの有望なコインを取り扱っている。

手数料もかなり安いため、最近トレーダーにも使われ始めている。

ここも登録しておいて損はない。

仮想通貨ならビットバンク

そして、海外の取引所ではBiboxがおすすめだ。

BiboxはバイナンスKucoinの次にくる取引所と予想される。

2つの取引所に似ているが、Biboxにしかない良いコインもある。

毎日のように新しいコインが上場している。

ぜひ、Biboxも使ってみて欲しい。

Biboxに登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。