新しい海外の仮想通貨取引所「Bibox」を紹介

どうも、ゴックスだ。(@GOX_AGAIN

今回は新しい取引所を紹介しようと思う。

その名はBibox(ビボックス)

Biboxの解説

Bibox(ビボックス)はBinannceやKucoinなどと同じく中国系の取引所である。

中国系だが、本拠地はケイマン諸島なので、中国政府の規制の影響は受けないと考えてくれ。

Biboxでは他の取引所にはない仮想通貨を扱っている。

BiboxのHPBやBTOは取引所のなかでも将来性がある。

今だとITCという仮想通貨が良い感じに伸びている。

※最近では同じIOT関連のトークンであるCPCというトークンが有望だと思われる。

取引所というのは広まると取引が増え、価格も上がるが、上がってしまうとさらに上げるのは難しい。

だから、まだ知っている人が少ない取引所で、そこでしかない良いコインを見つけることができれば、大きく稼ぐことができる。

BiboxはBinannceやKucoinなどよりは使っている人も知っている人も少ないので、チャンスではある。

まだ多くの人が知らない有望なトークンをいち早く見つけて、買うことは今後の仮想通貨で稼ぐうえでは、重要になってくる。

また、BiboxではBinannceのように取引所独自のトークンがあり、手数料を50%にすることができる。

また、こういう取引所独自のトークンは価格が上がりやすい特徴がある。今の価値だと90円ちょっとの価格なので、チャンスだ。

Biboxでは毎日のように新しいコインが上場しているので、出てきたばかりのコインを買うこともできる。

今現在仮想通貨は厳しい状況だが、すべてが厳しいということではない。

厳しいなかでも価値が上がっているコインもある。

ぜひ、そのような強いコインを探し出してもらいたいと思う。

Biboxに登録

おすすめの取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーは俺も使っている取引所だ。

ビットフライヤーは日本でもっとも多くの人に利用されている取引所だ。

取引所のセキュリティ格付けランキングでは、世界で1位にもなった。

コインチェックのがばがばセキュリティよりもビットフライヤーのセキュリティは全然違う。

国内で仮想通貨を買うならビットフライヤーがおすすめだ。

ビットフライヤーに登録

ザイフも俺が使っている取引所で、ここも取引でおすすめできる。

ザイフでは、指し値で買えるのでその時のレートで買う必要がなくなる。

仮想通貨をやるなら登録しといたほうがいい。

Zaifに登録

bitbankはリップル、ライトコインなどの有望なコインを取り扱っている。

手数料もかなり安いため、最近トレーダーにも使われ始めている。

ここも登録しておいて損はない。

仮想通貨ならビットバンク

仮想通貨のアフィリエイト




仮想通貨にはアフィリエイトが存在するが、仮想通貨に特化したアフィリエイトプログラムがあるのを知っているだろうか?

仮想通貨のアフィリエイトでは、取引所の紹介、ICOの紹介によって紹介料をもらうのが主流となっている。

今回紹介するのは、情報を発信するだけでも報酬がもらえるものである。

仮想通貨のアフィリエイトに興味があれば、見てみて欲しい↓

仮想通貨のアフィリエイトプログラムが登場!30秒で40億円稼げるかも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。